[感想] Doki Doki Literature Club!

製品情報あらすじダウンロードはこちら

タイトル Doki Doki Literature Club!
開発 Team Salvato
発売日 2017-09-22
公式ジャンル アドベンチャー / 男性向け(全年齢)
原画 Satchely
シナリオ Dan Salvato
攻略対象人数 4人 / サヨリ、ユリ、ナツキ、モニカ
プレイ時間 2時間
評価

主人公はある日、幼馴染のサヨリに誘われて学校の文芸部に足を運ぶことに。
そこはサヨリをはじめとした4人の女の子でできた部だった。
主人公はその誘惑に負け、文芸部に入部することになる。
そして文芸部の活動の一環として、自身が作った詩を見せ合うことになった。
こうして日々を過ごすうち、文化祭の日が近づいてきた――

※ クリックで Steam に飛びます。

 

シナリオ

プレイ時間はおよそ2時間くらい。

 

海外製の日本風フリーノベルゲーム。

Steamのビジュアルノベル部門の1位で、話題になっていたのでプレイしてみました。

 

海外製とは思えないくらい、違和感のないキャラクターデザインで、何も知らなければ海外製って気付かないレベル。

公式の対応言語は英語しかありませんが、非公式で日本語化パッチが配布されているので、英語が読めない人も安心してプレイできます。(もちろん私は日本語化しました)

 

第一印象は、王道の学園系ギャルゲー。

幼馴染の勧めで女子しかいない文芸部に入部することになり、自作の詩を見せ合ったり、文化祭の準備をしたりと、あらすじだけ見れば本当にTHE・普通。

 

ただ、ネタバレ厳禁と噂になっていたことと、開始時の注意書きでなんとなーく察していましたが、1周目のエンディングはなかなかに衝撃的。流れてるBGMが不協和音になっていて恐ろしさが倍増。

 

セーブはこまめに!

 

2周目からが、この作品の真骨頂。

詳しくはネタバレになるので割愛しますが、ホラーメタいストーリーが好きであれば、絶対にハマる。そんなシナリオ。

 

とにかく、演出とシステムの作り込みがものすごくて、プレイ時間は2時間くらいなんだけど、体感はもっと長く感じるし、Nitroplusの『君と彼女と彼女の恋。』を彷彿とさせる展開の連続で、飽きを感じさせずにプレイすることができました( ˙꒳​˙ * )

 

攻略難易度は高めで、初見でエンディングを迎えるのは難しそう。

いや、普通あのギミックは気付かないって!。゚(゚∩´﹏`∩゚)゚。

攻略サイトは見ないでプレイしたほうが楽しいと思うけど、積んだら素直に諦めて攻略サイトを参考にしてください。そしてとあるシーンでのギミックに衝撃を受けるがいい。(何様)

 

グラフィックも綺麗だし、無料とは思えないクオリティなのでホラー流血表現などが苦手じゃなければ、ぜひプレイしてみてください。

ちなみに、エンディングは2種類あるので、頑張って真エンディングを迎えてみてください。

 

下記にて、ネタバレ全開で雑感を書いています。

今作だけではなく、『君と彼女と彼女の恋。』のネタバレも含まれます。

画像もあるので、未プレイの方は注意!

 

ネタバレ雑感

 

キャラクター

キャラクターのお気に入り順は、

モニカ>>ナツキ>ユリ=サヨリ

 

プレイすれば、モニカが一番になるのは必然な気がする(たぶん)。

なんとも癖の強いヒロインたちでしたが、ナツキが一番常人でまとも?だったかな。

ユリとサヨリは申し訳ないけど面倒くさそう。

 

グラフィック


立ち絵は若干崩れてる?って思ったんですが、イベントCGのクオリティがめっちゃ高い。

フリーゲームとは思えないくらい、美麗なグラフィックで塗りも綺麗。

日本製のエロゲを描いていても、全然問題ないように思えます( ˙꒳​˙ * )

 

ヒロイン1人につき、1枚~3枚のイベントCGで、全体10枚以上はあったはず。

 

音楽・ムービー


ムービーがなかったので、タイトル画面のBGMです。ドキ☆ドキ!

 

ボーカル曲は、モニカの声優さん(外国の方)が歌ってる?エンディング曲が1曲。

印象に残ったBGMは、タイトル画面の曲と、Just Monika.

 

システム


CG鑑賞、音楽鑑賞などは実装されていませんでした。

物語の性質上仕方ないけど、イベントCGは振り返りたかった(›´Δ`‹ )

 

システム面に関しては、もう、すげぇとしか言いようがない。

普通のビジュアルノベル規格ではないことは確か。

 

ちなみに、日本語化パッチ導入後も、英語に切替可能です。

 

総評

ラブコメ××ホラー×メタフィクションノベルゲーム。

上記の内容に少しでも食指が動いたなら、Steamでダウンロードしてみよう!

事前情報ゼロでプレイしたほうが絶対楽しめると思うので、無闇にネット検索するのはNG。

 

海外製のノベルゲームはおそらく初めてプレイしましたが、全然違和感なく楽しめました。

今後も、Steamで海外製ノベルをこまめにチェックしてみようと思います( ˙꒳​˙ * )

ただ、日本語対応してない作品が多いので、DDLCのように非公式の日本語化パッチが出るとガチでありがたいです。

翻訳して頂いた有志の方々、お疲れ様でした!本当にありがとうございます!!

 

ダウンロードサイト