[感想] 鬼ノ仮面

製品情報あらすじ購入はこちら
鬼ノ仮面

タイトル 鬼ノ仮面
サークル 禁飼育
発売日 2013-08-18
公式ジャンル 乙女あきらめノベルゲーム / 女性向け(R-15)
原画 画用紙
シナリオ 画用紙
攻略対象人数
プレイ時間 4時間
評価
主人公春原しめじは、大学に通いつつ喫茶店のバイトを頑張るあほの子少女。
そんな中、喫茶店の客として店に来る黒甲(くろこう)という社会人と知り合い、
仲良くなっていくのだが……しめじの周りの中で何かが変わり、そして壊れ始めていく……
鬼ノ仮面

※ クリックで DLsite.com に飛びます。

 

シナリオ

プレイ時間はおよそ4時間くらい。

一本道のシナリオなので、攻略順は特になし。

 

『魔女の処刑日』後編の体験版に登場した黒甲さん×しめじコンビがメインキャラクターになった本作。しめじに関しては、『異端審問官の愛寂』の方でも登場します。

魔女シリーズのしめじたちは禁飼育さん的な展開(察しろ)になってしまったんですが、今作でもしめじに関してはなかなか可哀想な目に(´;ω;`)

 

しめじのバイト先で出会う二人

 

簡単にまとめると、前半は、暴食オッサンとあほの子JDがいちゃラブするお話で、後半は黒甲さんが ガチストーカー になり、最終的にしめじを 犬として飼う お話でした。

(ネタバレに触れる部分は反転して読んでください)

 

いや、黒甲さんが気持ち悪すぎる!(褒めてます)

黒甲さんの設定は、魔女後編の体験版をプレイしていたので、ある程度予想はついていたんですが、まさか最終的にこんな気持ち悪いキャラクターになるとは思わなかった……(((´ºДº`)))

 

あと、 借金の肩代わりさせた 女友達もクズだけど、その彼氏が一番のクズ。

今のご時世、こういうクズいそうだよね……過度な課金ダメ、絶対。

 

ただ、魔女シリーズの結末に比べればこっちの方がしめじ的にも幸せなのかも……?

なんだかんだで嫌な目に合わされても、楽しく生きていきそう。

 

公式ジャンルの通り、乙女がいろいろとあきらめるノベルでした。

15禁だったのがちょっと残念。

結構ギリギリな表現だったし、いっそ18禁でも良かった気がする。

 

あと、後書きに、しめじに対して「やったね、就職しなくてすむね!」って書いてあったんだけど、思わず笑ったwww

そういう問題じゃねえええ

 

キャラクター

キャラクターの個人的ランキングは、

しめじ>>>黒甲さん

 

春原しめじ、って名前なんだけど、某ゲームのせいで「すのはら」って読んじゃう。

努力してるのが伝わってくるし、過去作に比べればあほの子度が低いヒロインだった気がします。

あと、「しめじが好きだから」っていう理由で娘にしめじって名前つける母はどうかと思うわw

 

黒甲さんは、魔女後編のキャラの方が好きだったなぁ。

ザイジョーインさんに怯える様子とかさぁ。

今作はただの気持ち悪いおじさんだった。

 

グラフィック

 

画像右の絶望に溢れたしめじの顔が可愛い。「え、うそでしょ?」みたいな。

相変わらずラフ画を使う演出が上手い。主にツラいシーンで使われるやつ。

 

お気に入りCGは、ポップコーンもしゃもしゃ頬張る黒甲さん。

映画館でキャラメルポップコーン買う気持ちはすっごい分かります。

 

音楽・ムービー

わあ、不穏な空気が流れるCMムービーだぁ。

テーマソングはあったんだけど、OPムービーはありませんでした。

このテーマソング(というかED曲?)の『鬼喰われ』がかなり良かったです。

和ロックっぽい曲で、サビの盛り上がりも勿論のこと、歌詞も黒甲さんを表している感じでお気に入り。

 

印象に残ったBGMは、『鬼喰われ piano』『雪の夜』とか。

 

システム

CG鑑賞、音楽鑑賞、おまけシナリオ、次回作予告がおまけモードに搭載。

 

必要最低限のシステム。不具合等はありませんでした。

 

総評

魔女後編の体験版で登場する黒甲さんの印象とはかなり違ったのでビックリw

ただ、好き勝手やって生き生きとしてる黒甲さんが見れたのでそこは満足です。

しめじもなんだかんだで幸せにやっていきそうなので、ハッピーエンド…なのか…?(´°ω°`)

 

禁飼育さんの作品が好きなら、今作も楽しめるかと思います。

 

 

ダウンロードサイト