[感想] ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない Vol.1~3

なぜか、自分だけはゾンビに襲われない!


プレイ時間は3作合わせて10時間くらい。
 
原作は人気ウェブ小説で、ゾンビパニック×サバイバルなノベルゲーム。
グラフィックのクオリティが高く、シナリオとエロのバランスも良い作品でした。
 
主人公だけがゾンビに襲われないという設定ですが、ゾンビパニックものが好きな方も楽しめる仕上がり。

続きを読む

[感想] ヒトカタノオウ

評価:68点


何も知らず、何もわからないまま、主人公は日々の日常を生きていた。
屋敷を取り仕切る咲月は相変わらずの様子で愛想もなし。
新しい家族の奈緒は世間知らずで恐いものなしで、少し危なっかしい。
少し普通とズレた、そんな日常の温かさ。

――― それが、いつまでも続く本当なのだと思っていた。
 

続きを読む

[感想] 幕末尽忠報国烈士伝 -MIBURO-

評価:85点


時は動乱の幕末。
政治の中心は江戸から京都に移りつつあり、その京都は天誅の名の下、無法地帯と化していた。
その無法地帯を取り締まるのが近藤勇率いる壬生の狼と呼ばれた 『壬生浪士組』(後の新撰組)。

そんな勇たちに助けられた主人公・見田健。
倒幕へと傾く時代の中、個性あふれる新撰組の面々とともに京の町を守るが……。
 

続きを読む

[感想] 眠れぬ羊と孤独な狼

評価:80点


新宿、歌舞伎町。
慢性的な不眠症に苦しむ主人公は、ラブホテルの住み込み清掃員として働きながら、無気力な日々を送っていた。
そんなある日、主人公はデリヘル嬢・あざみと出会う。
彼女を抱くことでかつてない安眠を得た主人公はあざみを手元に置こうと考える。
だが彼女は東儀に追われており、あざみを手に入れることはすなわち、東儀に刃向うこと――平穏な日常の崩壊を意味していた。
 

続きを読む