[感想] 月に寄りそう乙女の作法 ~ひだまりの日々~

製品情報あらすじ
2012.10.26発売のNavel新作『月に寄りそう乙女の作法』を応援しています! 2012.10.26発売のNavel新作『月に寄りそう乙女の作法』を応援しています! 2012.10.26発売のNavel新作『月に寄りそう乙女の作法』を応援しています!

タイトル 月に寄りそう乙女の作法 ~ひだまりの日々~ (PS4)
メーカー Navel / dramatic create
発売日 2017-10-26
公式ジャンル 恋愛アドベンチャー/ 男性向け(全年齢)
原画 西又葵 , 鈴平ひろ
シナリオ 王雀孫 , 森林彬 , 東ノ助 , 真紀士
攻略対象人数 4人 / ルナ、ユルシュール、湊、瑞穂
プレイ時間 20時間
評価
主人公・大蔵遊星おおくら ゆうせいは、日本の財界を代表する “華麗なる一族” 大蔵家の末端に、望まれぬ子として生を受けた。
優秀な親族や家庭教師のもとで厳しく育てられた遊星は、多芸に秀でた万能家であったが、
言うなれば籠の中の鳥であり、およそ人並みの夢や希望などとは無縁の生涯だった。

そんな遊星が、初めて一族の監視下を離れ、ひとりで外の世界へ出る機会を得た。
名もなき庶民の娘・小倉朝日こくら あさひとなって素性を伏せ、
上流階級の子女が集う服飾専修機関 『フィリア女学院』 へ潜入することになったのだ。
その一環として遊星 (=朝日) は、学院一のスーパー同級生・桜小路さくらこうじルナに仕えるメイドとして、
彼女の住まう 『桜屋敷』で働くことに。

そしてそこには、ルナと縁のある学院生らが同居するという。
一人はスイスから来た誇り高き留学生・ユルシュール。
一人は旧華族の流れを汲む家柄の大和撫子・花之宮瑞穂はなのみや みずほ
そしてもう一人が、少年時代の主人公に恋していた庶民派の社長令嬢・柳ヶ瀬湊やながせ みなと
いずれも個性的なお嬢様方に加えて、それぞれに付き従う超個性的な従者たちが遊星 (=朝日) の生活を引っかきまわす。

果たして遊星は、素性 (おもに性別) を偽ったまま、屋敷と学園の二重生活を無事に過ごすことが出来るのか?

 

シナリオ

プレイ時間はおよそ20時間くらい。

BADEND→ユルシュール→湊→瑞穂→ルナ様 の順番でクリア。

推奨攻略順は、湊/瑞穂→ユルシュール→ルナ様がオススメ。ルナ様は最後推奨です。BADは乙りろプレイ前に。

 

もう知名度が高すぎて、今更書くことがないかもしれませんが(¯―¯٥)

ルナ様への愛を長々と記したいと思います╰( º∀º )╯

 

ちなみに、プレイしたのはCS移植版です。PC版の原作は未プレイなので、CS版の追加要素は比較してません。

(FDの乙りろでアフターストーリーが追加されるようなので、PC版も購入検討中…)

 

デザイナーになりたいという夢を叶えるために、男性だけど女装をし、桜小路家のメイドとしてフィリア女学院へ入学するお話。

「服飾」をテーマにした作品は初めて見るかもしれません。 しかも、割と本格的。

服を作るのってこんなに大変なんだなぁ(小並感)って何度も思いました。

あと、女装モノは「るい智」ぶりかも。智ちんに負けないくらい、朝日も可愛いし、むしろ遊星くんの姿でも可愛い。

ヒロインたちが同性愛に本気で悩むのも分かるくらい可愛い。

 

序盤のシリアスシーン、共通の日常シーンも面白く、基本的に飽きはなくストレスフリーで進められました。

個別も萌え、泣きアリと素晴らしき。

ただ、個別ルートのクオリティはキャラクターによって差が強い。というか、西又葵さんが担当するキャラクター(湊と瑞穂)の個別ルートが微妙。

特に、湊はほとんど服飾の話に関係ないし、正直あんまり楽しめなかったかな(´;ω;`)

湊、瑞穂が気になる方はやや肩透かしを食らうかも。

各個別ルートに関しては下記にてネタバレ含みつつ感想を書いているので、気になった方はぜひ。

 

タイトルやキャッチコピーからしても、明らかに優遇されてるであろうルナ様ルートはプレイしてて本当に楽しかった。

朝日のトラウマでもある衣遠お兄様も深く登場するし、朝日とルナ様の美しい主従関係にも涙するし、お優しいルナ様にいじめられるし、ルナ様の照れた顔も拗ねたところも可愛いし――!::( ´ロ` )::

ルナ様の過去の話はほんのりシリアスですが、過去編の話で更にルナ様が愛おしく思えます。

 

ルナ様とユーシェの掛け合い、サブキャラの個性の強さなど、日常シーンでも何度も笑わせてもらいましたし、シナリオゲーとしても、キャラクターゲーとしても優秀作品。全力でおすすめできます。

瑞穂ルート、湊ルートの出来がもう少し良ければ、更に評価が上がっていたかも。

 

Navel乙女シリーズは今のところ、6作品まで展開されているので、他のシリーズもプレイしてみようと思います(∩’-‘∩)

 

桜小路 ルナ
ユルシュール=フルール=ジャンメール
花之宮 瑞穂
柳ヶ瀬 湊

 

キャラクター

キャラクターの個人的ランキングは、

ルナ様>>>>>>ユーシェ=朝日>りそな>瑞穂>湊

 

圧倒的。ルナちょむ可愛い。

朝日の可愛さもユーシェのアホっぷりも大好き。ユーシェは金髪ツインテってとこも配点デカい。

金髪ツインテ大好きなんだけど、好きになるキャラって大抵が銀髪とかなんだよね。(どうでもいい)

 

りそなは乙りろの方で期待してます。

 

グラフィック

 

久々に西又×鈴平コンビ見たけどやっぱ安定感ある。しゃっほーとか好きだったなあ。

 

万人受けするのはおそらく鈴平絵なんだろうけど、昔に比べて西又絵もクセがなくなってきたように思えました。

あと、鈴平さんの絵も目の描き方が変わった気もします。丸くなった?っていうのかな。

まとめると可愛い。塗りも綺麗。あとフィリア女学院の制服デザインが好きです。

 

追加CGが何枚なのかは調べていませんが、全体的に平均~平均以上のCG枚数はあったと思います。

サブキャラも何枚かあったしね!

 

コンテストのCGはルナ様、ユーシェ共にお気に入り。ルナ様の純白姿もユーシェの金髪に映える青ドレスも綺麗。

 

音楽・ムービー

最初は主題歌、あんまり好みじゃなかったんです――けど、プレイ後に聞くといいなあ!!って手のひら返ししました。

 

つり乙の雰囲気が伝わるムービーだと思います。月と桜をモチーフにしたアニメーションとか。

ルナ様と朝日が赤い糸で繋がってるの素敵です…ヽ(´︶`*)ノ

 

システム

CG鑑賞、音楽鑑賞、ボイス登録機能あり。

全ルートクリア後にはおまけシナリオが解放されるよ。

 

システムはやや不満点はありました。

・テキストの瞬間表示がされないこと。(最速にしても瞬間表示ではない)

・ボイスカットオンにしてもたまーに次の文章までカットされない。

・個別ルートに入ると、スクショは不可。

って感じです。3つ目は仕方ないところはあるけど、保存したかったシーンが多かったからこそ残念…!

ボイス登録機能があっても、画像で残しておきたいじゃん(´;ω;`)

 

でも、普通にプレイしている分には問題なく使いやすいシステムだとは思います。

私のプレイスタイルが細かいだけ(´-﹏-`;)

 

総評

キャラクターが可愛い、絵も綺麗、シナリオも面白い。安定感抜群。

萌えゲーアワード2013大賞受賞作品なので、間違いなし。

エロゲ初心者ユーザーにもオススメできる作品でした。

 

プレイしたのは、CS移植版でしたが、18禁要素にこだわりがなければCS版でもいいと思います。

PS4版では原作より解像度の高いグラフィックが楽しめますし、Vita版も発売されているので。

朝日フルボイス+エイプリルフール企画のおまけも収録されていて、不満点はありませんでした。

 

衣遠兄様の朝日大好きっぷりが伝わる良いおまけ。